美容マテリアルいっぱい!ベルタ酵素の秘密

ベルタ酵素は近年評価が高い酵素ドリンクですが、どうしてそこまで注目されているのか幅広く知られているわけではありません。これは通常の酵素飲料にはない特質があるからです。ここでは、ベルタ酵素の性質は何か、混合成分がどのようなものか、おすすめの飲み方は何かを広く説明していきます。ベルタ酵素を過剰に飲むと太ることにもなりますので、気を付けるべき点にも触れていきます。ぜひ、参照してみてください。

ベルタ酵素の特徴って?

ベルタ酵素は酵素飲料の1つですが、他の酵素飲料と比べると、含有材料が非常に多いというポイントを持っています。普通の酵素ドリンクの場合は50種類前後ですが、ベルタ酵素に含有されている酵素の種類は165種類もあります。種類がこれだけ違うので、その効力にも違いが出るのは当然です。また、これらの潤沢なマテリアルの中には、美容材料まで配合されています。これが2番めの特徴です。たとえば、ヒアルロン酸やプラセンタなどがそのオーソドックスな成分でしょう。さらに、3つ目の特色としては美味いということです。ベルタ酵素のテイストはピーチ味になっていて、とても美味しく、酵素飲料の独自の味が嫌いで避けていた方でも美味しく飲用することができます。このように、ベルタ酵素には独特の特質がありますので、最近とても評価されています。とりわけ、不摂生な暮らしを送っていたり、偏った食事をしていたり、睡眠時間をきちんと取れていない方などには、健康向上や美容を目当てとしてベルタ酵素を飲用することをイチオシします。

美容成分や酵素がたっぷり!ベルタ酵素のマテリアル

ベルタ酵素には165種類もの酵素が混合されていて、その中には美容効力が期待できる原料も含有されています。たとえば、ザクロ、プラセンタ、ヒアルロン酸などがそのマテリアルです。1つ目のザクロには植物性エストロゲンが入っていて、スキンに存在する美容原料の分泌を促す女子ホルモンと同様の働きをしてくれます。2つ目のプラセンタにはペプチド、アミノ酸、DNAなどが含まれていて、肌の代謝を促す役目を持っています。人間の肌はUVを受け続けると肌のハリやツヤをキープするコラーゲンやエラスチンの分泌が減って、しわやたるみの理由になります。プラセンタはこれらを予防、解消してくれます。しかも、プラセンタには高い抗酸化機能もありますので、肌の加齢を促進する活性酸素も取り除いてくれます。3番目のヒアルロン酸は皮膚にうるおいを与えてくれます。ヒアルロン酸は1グラムあたりで6リットルの水分を保つことができますので、少量であっても肌のハリを形成するのに大いに役立ってくれます。また、こうした美容原料以外にも、そもそもベルタ酵素にたっぷり配合されている酵素自体にデトックス効力があります。そのため、透明感のある皮膚を実現してくれます。体の毒素を排出して体の中からきれいになることができます。

ベルタ酵素のおすすめの飲み方

ベルタ酵素の最適な飲用方法を解説していきます。その1つとして置き換えダイエットがあります。これは日頃の食事の代替えにベルタ酵素を飲むというものです。突然3食すべてをベルタ酵素にすると体が驚いてしまいますので、ひとまず朝食と昼はしっかりと食べてディナーだけをベルタ酵素にするといいでしょう。この習慣を2週間程度続けるとダイエット効力だけでなく美容効果も得ることができます。また、ベルタ酵素を飲む時間としては空腹を感じたときが一番適切 です。それというのも、お腹が減っているときというのは吸収力が上がっている時間帯だからです。このときにベルタ酵素を飲むと美容原料をいっぺんに体内に摂取することができます。お腹が空いていないときに吸収するよりも効力を感じることができるでしょう。ちなみに、ウェイトが落ちてきたら痩せやすい体質になっているので、三食の食事量を少し減らしながら、ベルタ酵素を継続すると、体型をしっかりとキープすることが可能です。

飲用しすぎると太る?使用上の気を付ける点は

ベルタ酵素を飲みすぎると、滋養分を摂取しすぎることになるので、当然太ります。そのため、ベルタ酵素を1日に飲む量はどのくらいなのかをきちんと把握しておく必要があります。これがベルタ酵素を飲むときの注意点です。そもそも飲用する量を増やしても成果が増えるわけではありません。むしろ、ベルタ酵素を飲用する生活をするなら目安量をしっかりと量ることです。それではその用量はどのくらいかというと、これは飲用する目的に応じて少し異なります。ダイエットを目標として飲むのであれば、飲料なら60ミリリットルが1食分です。3食分であれば180ミリリットルが用量になります。一方、美容目的で飲むのであれば1食あたり30ミリリットルが最適です。この量を毎食後飲むようにすることです。置き換えをする必要もなく、日頃の食事を若干減らして飲用するようにすればいいでしょう。こうした摂取量をきちんと守ることで、いずれの場合であっても、きれいな肌と減量しやすい体質をつくるのに役立ってくれます。